LinkIcon日本語LinkIconEnglish
HOME > 公演案内

sign.png

PMC.jpg
1月
17日(木) ◆19:00
18日(金) ★19:00
19日(土) ★13:00/◆18:00
20日(日) ◆13:00/★18:00
21日(月) ★19:00
22日(火) ◆19:00
23日(水) ◆14:00/★19:00
24日(木) ★14:00/◆19:00
25日(金) ★14:00/◆19:00
26日(土) ◆13:00/★18:00
27日(日) ★13:00/◆18:00
28日(月) ◆14:00/★19:00
29日(火) ★14:00
◆→『死が二人を分かつまで愛し続けると誓います』
★→『二度目の蝶々は遠回りして帰る』

ポップンマッシュルームチキン野郎 
魂の二本同時上演
『死が二人を分かつまで愛し続けると誓います』 『二度目の蝶々は遠回りして帰る』

脚本 ・演出 吹原幸太

出演 小岩崎小恵、吉田翔吾、加藤慎吾、野口オリジナル、NPO法人、井上ほたてひも、横尾下下、高橋ゆき、吹原幸太、増田赤カブト(「二度目の~」のみ)
以上、ポップンマッシュルームチキン野郎
【ゲストキャスト】高田淳(X-QUEST)、久下恭平、安楽信顕、辻響平(かわいいコンビニ店員飯田さん)、杉岡あきこ(殿様ランチ)、前原一友、今井孝祐

あらすじ
『死が二人を分かつまで愛し続けることを誓います』(主演:小岩崎小恵)
死後、幽霊となって帰ってきた男・大介。妻の夏子は霊感があるゆえに、彼の姿を認識出来るが、もう二度と二人は触れ合うことは出来ない。
幽霊の夫と、幽霊を見ることが出来る妻。それでも変わらぬ愛を誓い今まで通り暮らしていく二人だが、無情にも時間はその関係を歪めていった……。
哀しき宿命を背負い、必死に永遠の愛を模索した夫婦が辿り着く、死と愛のワンダーランド。
黄金のコメディフェスティバル2013にてグランプリを獲得した傑作が完全版となって帰ってくる。

『二度目の蝶々は遠回りして帰る』(主演:吉田翔吾)
バンコクで精神科医を営むヌンは、ある出来事がきっかけで統合失調症を患い、幻覚や幻聴に悩まされる日々。そんな彼女のもとに同じ街で男娼として働いている青年・ダニーがやってくる。彼はこの数か月、猛烈な頭痛と共に、見慣れない蝶々と一人の日本人の幻覚を見るのだという。
「自分と同じ病気だろうか?……それとも自分の知らない未知の精神疾患?」
戸惑いながら診察を続けるヌンだったが、やがてダニーの見る様々な幻覚が、数十年前に日本で実際に起きた事件と関係していることを知る。
タイと日本、そして二つの歪んだ時間軸。全てのピースが紡ぎ出すのは、永遠の因果を知る大いなる手がかり。

DwBzbDeUUAAmH5Y.jpg
2月
1日(金) 18:30
2日(土) 14:00/18:30
3日(日) 12:00/16:30

演劇企画ニガヨモギ
常田富士男 追悼公演 『カンガルー』
〝なぐさめられたいタマシイのために″

脚本 別役実

出演
石橋知泰、庄司まり(劇団民藝)、小磯一斉(タイムリーオフィス)、
利根川真夏、宮口嘉行、よこのゆたか、中元寺隆夢、たかはしゲンキ、
伊藤健太、黒沼伯、市村みさ希

あらすじ
おまえさんは、カンガルーだ。

船出をしようと波止場にやってきたひとりの男。
乗船手続きをするために船長とおぼしき老人に声をかけるが、
カンガルーは船に乗れないシキタリがあると断られてしまう。
当然、自分はカンガルーなんかではないと否定する男をよそに、
いつのまにか周囲の人間たちも男をカンガルーとして扱いはじめていく。
途方に暮れる男の元へ、自分も〝同類〟だと告白する娼婦が現れ、
男の船出を手助けすることになるが‥。

生演奏で紡ぐ、音と光の物語。
ひとりの若者が導き出したささやかな祈りとは。
人々の孤独と生き様をコミカルに描いた別役実の音楽喜劇。

dancedancedancefly.jpg
2月
9日(土) 15:00(月)/19:30(月)
10日(日) 15:00(星)/19:30(星)
11日(月) 13:00(月)/18:00(星)
12日(火) 19:00(星)
13日(水) 19:00(月)
14日(木) 14:00(星)/19:00(月)
15日(金) 14:00(月)/19:00(星)
16日(土) 13:00(星)/18:00(月)
17日(日) 12:00(月)/17:00(星)

※ロビー開場・物販開始は60分前。客席開場は30分前
※キャスト変則出演・詳細は後日発表

アリスインプロジェクト
「DANCE DANCE DANCE オルタナティブ」

シングルキャスト
横島亜衿/あわつまい/石川凜果/幸野ゆりあ/中野たむ/Rena/池澤汐音/草場愛/花梨/若松愛里/東條詩織/カワイレナ/天音/國井紫苑/郷咲あやね

月組
喜屋武蓮/酢谷有紀子/服部美香/叶田明日菜/長谷川麻由/成瀬ともみ/朝霧陽冬美/佐々木未悠/桜乃林龍奈/桃璃江美/一色真衣

星組
瀬田白幸/道明寺アヤカ/高槻実穂/坂東泉美/東城希明/末𠮷桃子/高藤小夏/百瀬歌音/悠貴ゆうゆ/児玉ももな

ゲスト
エリザベス・マリー(10日15:00/11日/14日/16日の7公演に出演)


演劇カンパニー「アリスインプロジェクト」2019年2月公演はミュージカルを得意とする劇団MMCで培ったミュージカルの技法を活かしたコミカルなダンスアクトとストレイトプレイを融合し高い評価を得た「名探偵はじめました」の演出家 岡田基哉氏を再びお迎えし2017年のスマッシュヒット作「ダンス ダンス ダンス 踊りが丘学園~これが私の部活動~」をおなじみ麻草郁氏の脚本でリブート! 
歌とダンス、笑いと涙が満載の新感覚のダンスバトルコメディーをお届けします。

2月
20日(水) 19:00
21日(木) 19:00
22日(金) 14:00/19:00
23日(土) 14:00/19:00
24日(日) 14:00/19:00
25日(月) 14:00

※受付開始は開演の1時間前。
 客席開場は開演の30分前です。
※未就学児のご入場はお断りしております。
 予めご了承ください。

劇団わ本公演
『「地獄の沙汰も金次第」って言うけど
地獄じゃ金は使えねぇんだぜ?』

脚本・演出 村上芳

出演
青山太久(劇団わ)、和泉柚那(放課後ランナー)

シトミ祐太朗、篠宮穣祐

和久井大城、織田俊輝、小田洋輔(XMA-JAPAN)、柏木佑太、千歳まち、
澤田洋栄、籠谷和樹(平熱43度)、大倉栄人、朝比奈叶羽、
朝倉利彦(放課後ランナー)、守上慶人(PADMA)、たねだりんと、
馬場勇介、隈本秋生

タカギマコト、大野清志(X-QUEST)

あらすじ
「俊平!愛は金じゃ買えねぇんだぜ!」

そう幼馴染の夏子に言わしめたのは主人公の太田俊平。
「所得が低い人は無理なの」とフラれた俊平は藁にも縋る思いで宝くじを購入。
見事1億円が当選してしまう。
再び告白する為に3日後に約束を取り付けたが
その間、その1億円を狙って様々な刺客達が俊平に襲い掛かる!
同級生、大家さん、テレビ局、イタリアンマフィアに暗殺者。
更には宇宙人まで!?

「もう……諦めちゃえば?」
「夏子、それは嫌だ。俺は今恵美子が好きなんだ。
 その気持ちを止める事は出来ないし、したくない」

純粋過ぎるがゆえに馬鹿でどうしようもない俊平が、自分の信じる愛の為
猪突猛進に生きて生きて生きまくる!!

変態的に超個性的な敵を次々とちぎっては投げちぎっては投げ続けろ!!
新感覚!超アクションコメディー!!
こんな作品!今までありそうでなかった!けどやっぱあった!

「俺は、俺を我慢するくらいなら生きてる意味が無いと思う」

ogawaho0201.jpg
2月
28日(木) 14時☆/19時

3月
1日(金) 14時○/19時
2日(土) 11時30分/14時30分/19時
3日(日) 13時△/17時

☆=終演後撮影イベント
○=終演後トークショー
△=お佳の丁半博打

小川細川企画第二回公演
『くるおしき綾、絢爛なれ。』

脚本・演出 細川博司

出演
八坂沙織、塩崎こうせい、飯野美紗子、堀有里、藤堂瞬、エリザベス・マリー、
椎名桂子、図師光博、宮島小百合、早田友一、横尾下下、半仁田みゆき、
北川大佑、阿部博明

橋本惠太、笠原修人、三浦奈々子、雪原千歳、佐々木円、鎌田修悦、高見澤文彬、石坂亮二、小川大悟


あらすじ
浪速の呉服商、藤掛や蓮次郎は、先代から店(たな)を継いで間もない。
相争う同業から抜きん出るが為、やり手の蓮次郎は一計を案ずる。

まず、本来は反物を売るだけが主流の商いを改め、反物の仕入れから仕立てまでを店にて担う。
さらに「お披露目売り」を発案。
これは着物を女性に着せて、界隈道中にてお披露目をするというもの。
かかる一計は大当たりで、蓮次郎は一目置かれることになる。

あるとき、浅野藩の老中、後藤が蓮次郎を訪ねる。
近く輿入れする姫君の召し物を引き受ける、公儀お抱えの呉服屋を、お披露目売りにて選ぶというのだ。

一方、お綾は腕の良い仕立て屋で、蓮次郎の幼馴染み。
蓮次郎の「ある秘密」を知り、蓮次郎が為に呉服の仕立てを担ってきた。
しかし、蓮次郎にはかねてから縁談があった。
蓮次郎はそれを反故にするとうそぶき、お綾と不義密通を重ねるが…。

※公演のお知らせは逐次アップさせていただきますが反映まで2~3営業日お時間を頂くこともございます。ご了承くださいませ。

〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-45-2
電話 0359449227 FAX 0368801549 
E-MAIL:kassaikikaku@gmail.com