横書き白468.png2014/09/08&09/09



朝10時に稽古を開始した役者が19時に本番を迎えることは本当にできるのか?
HOME > 9H2014 > クジカン2014top

10:00 OPEN-21:00END

『みんなのへや』

作/冨坂友 
改稿・演出/

古田島啓介

配役/

ストーカー 栗生みな
卓也 横田純
優子 川添美和
中谷真由美 
沼田 奥田努
賢一 佐藤仁志
泥棒 松田信行
大家 中谷真由美
川添美和 



みんなのへや舞台案簡易.jpg舞台セット図


本番~反省会(約2時間)
稽古ダイジェスト映像(約10分強)

【2014 1日目概要】

2014イベント初日、初日出演者(舞台俳優)7名、演出家1名のチーム。

10:00   
挨拶 自己紹介を経て 配役を変えながら突然の立ち稽古(実際にうごきながらセリフも言う稽古のこと)
渡された台本が、『複数人が騙しあうストーリーの上、人物が狭い空間内をかくれんぼのように移動する複雑な台本』、『中編と思えぬ膨大なセリフと段取り』の本と判明。
12:00
全配役決定。登場人物のうち、出番が最も少ない役、大家を優子と合わせ分割することに。
昼休憩中に改めてキャストプロフィール上映
13:00   
昼休憩終了。 
本格的な稽古に突入。
あまりのセリフ量に戸惑いつつも、開始から5時間30分後の15:30に台本を離すことが決まる。
15:00   
上演尺が予定時間を超える、とわかる
別班でプロットの整理、セリフのカットが急ピッチで行われる
通し稽古前に一度最後までの流れの確認のためセリフの読み合わせ開始 
16:00   
通し稽古 
17:00    
通し稽古終了 作者の応援コメント上映 開演まで2時間を切る。
客席つくりが開始される(囲み舞台なので)
18:30    
二次開場客入れ開始。出演者が舞台上から退場。本番まで楽屋での待機。最後の調整。
19:00    
本番開始

【『みんなのへや』あらすじ】

舞台はアパートの1室、拓也と優子が半同棲をしている部屋に拓也のストーカーが忍び込み、続いて空き巣専門の泥棒が入る、そこへ、拓也の彼女:優子と浮気相手:賢二がやってくる、押入れの中に潜伏する泥棒とストーカーをよそに、拓也、友人(実はゲイフレンド)の沼田が現れる。
狭い間取りのなかで隠れ、逃がし、装い、ごまかす、シチュエーションコメディである。

「一部屋を舞台に、出会ってはいけない何人もの人間が隠れたり、誰かを隠したりするシチュエーションコメディで、上演の際はギャラリーでセットを建てずに床に線だけ引いて上演したコメディです。物が無くても出来るのと、上演時間と、ストレートにコメディである点が、拙作の中でも向いているかと思って選ばせて頂きました。難点としては、嘘をつきまくる芝居なので、人物相関図が大変複雑になってしまう、というのがありますが…。(作者メールより引用)」

【登場人物】

スト-カ-(25)・・・拓也のことが好きな女子。妄想と盗撮はお手の物だぞ。
拓也(25)・・・この部屋の持ち主。優子と半同棲をしているが実はバイセクシャル。
優子(22)・・・拓也と半同棲している女子。バイト仲間の賢一に好意を持っている。
沼田(26)・・・拓也の友人だが実は浮気相手。ゲイ。優子との別れを迫るぞ。
賢一(23)・・・優子の浮気相手。据え膳はいただきますと言った後に迷うタイプ。
泥棒(30)・・・空き巣男子。実は几帳面。そのツッコミはやたらに的確。
大家さん(??)・・・大家さん。気のきく女性。その機転が事件を巻き起こす。

10:00 OPEN-21:00END


『ばら色の人生』

作・鷺沢萠・小林ヒデタケ 

改稿・演出 鈴木智晴

ショーケンさん

松本陽一
まっちゃん
久保田唱
西尾
細川博司
宮本
夢麿呂
カネコ
宇野正玖
シャチョー
ボス村松


OP~本番映像(約60分)
ダイジェスト映像(約15分)

9:45
キャスト(演出家たち)舞台上集合 なぜか発声練習、ストレッチなどしてニヤっとする一同
10:00
挨拶、自己紹介
読み合わせ
13:00
お食事
舞台上でみんなでお弁当を広げる一同
14:00
稽古再開
メゲはじめる一同「明日にしようよ」発言
台本を離すキャスト出現
細かい演出オーダーが続き、普段の自分の演出を少し反省する一同
しかしハケやポジショニングの息がぴったりすぎる一同
裏班では小道具製作が急ピッチで行われる
15:00
キャラクターがついていく
ラストシーンの演出がつく
小返し(細切れに切った舞台稽古)で全編通しおわる
小休憩(休憩中もいろいろな確認作業に余念のないキャスト一同)
作中の競馬中継でプロンプタとMCも出演が決定
16:15
通し稽古開始
17:00
通し稽古終了
ダメ出し・ブラッシュアップ・調整
各劇団からのサプライズ応援メッセージ上映
最終調整
18:30
キャスト楽屋待機(楽屋で読み合わせや確認作業)
19:00
本番開始

【『ばら色の人生』あらすじ】

事実上の倒産が決まってしまった食品会社。
社長は金庫からなけなしの200万円を持ち出し、行方不明。
 残された社員たちは売れ残った商品を夜通し運び出している。
そんなとき、200万円分の馬券とともに社長が帰ってくる。

【登場人物】

ショーケンさん
星山食品・社長の息子だよ。会社が傾いた原因が父親にあることを気に病んでいるんだ!

松っちゃん…
のんびりしている感じではあるけど、数字にはやたらと細かかったりするよ。

西やん…
やん、て付いてるけど台本上は全然標準語。食べることが大好きなムードメーカー的な存在だ!

カネコ…
かつてはプロ野球選手を目指していたがショーケンに誘われて星山食品に。そして現在のこの状況。さんざんな目に遭ってしまったことから今回の件を一番嘆いているんだ

みやもっさん…
チャラくて軽い、ギャンブル好きの男なんだけど、悪いヤツではなさそうだよ。

シャチョー…
ショーケンの父であり星山食品の社長。ダメ社長で、今回こそは会社が大ピンチになってしまったんだ。みんな困っているよ。